家賃の滞納リスクに備える|不動産投資に失敗しないためにもシーエフネッツを利用しよう

不動産投資に失敗しないためにもシーエフネッツを利用しよう

家賃の滞納リスクに備える

メンズ

債務保証を専門業者に委託

近年はビジネスのさまざまな分野において、いわゆるアウトソーシング化が進んでいます。特定の業務に精通した専門家に業務を委託することで、業務の効率化が進むばかりでなく、質の向上をも図れるというのがその理由となっています。アウトソーシングの波は賃貸業界にも及んでいます。今やアパートや賃貸マンションの多くは、専門の不動産管理会社に管理業務を委ねています。さらに最近は、連帯保証人を代行することも可能になっています。このシステムを、家賃債務保証制度といいます。家賃債務保証は、家賃等について入居者の債務不履行があった場合、家主の求めに応じて代位弁済を行う制度です。賃貸保証会社と呼ばれる専門事業者がこれを請け負います。

入居者にもメリット

家主と賃貸保証会社の関係は、住宅ローンにおける銀行と保証会社の関係に似ています。貸し手である家主が賃貸保証会社に審査を依頼し、合格した者に係る家賃債務保証を受けることで、債権の保全を確実なものにすることができます。家主自身が入居者の人物調査や滞納時の督促などを行う必要がなくなるため、負担も軽減されます。また、家賃債務保証は入居者側にも利点があります。親族に安定的な収入を得ている者がいなかったり、連絡が困難だったりといった、さまざまな理由で連帯保証人を立てられない人にあっては、この制度を利用することで保証人なしでも賃貸住宅への入居が可能になります。高齢者や外国人等にとっては特にメリットの大きいシステムであると言えます。