留守宅を賢く貸す仕組み|不動産投資に失敗しないためにもシーエフネッツを利用しよう

不動産投資に失敗しないためにもシーエフネッツを利用しよう

留守宅を賢く貸す仕組み

スーツの人

法律の整備

リロケーションが注目を集めています。これは、借地借家法が改正された影響です。賃貸借契約の根拠となるとなる法律の借地借家法は、賃貸契約において立場の弱い借主を保護するものでした。しかし、借主保護の性格が強く、一時的に家を貸したい人に対しての法律がありませんでした。借地借家法では、正当な理由がない限り、貸主から退去を求めることができず、借主が住み続けたいと希望する間は、契約更新を続けていくことになってしまうような法律でした。しかし。2000年3月1日に期間を限定した賃貸契約を可能にする定期借家契約が認められることになりました。最初から期間を定めて賃貸契約を結び、期間が来ると契約は終了します。この改正からリロケーションが活発に行われるようになってきました。

複数の会社を比較

転勤や海外赴任などの場合は、リロケーションを利用すると留守宅を有効活用できます。このリロケー-ションとは、一定期間、自宅を留守にしている間に、他人に賃貸することをいいます。留守にしている間、自宅を貸し出して家賃収入をえるのです。リロケーションのメリットはこれ以外にもあります。留守宅を管理するためには、管理会社に依頼しなくてはいけませんが、リロケーションを利用すると、貸し出している間は借主が自宅で生活をしてくれるので、その必要はありません、借主が住んでいるので、換気が行われ家が傷むのを防いでくれます。また、人が住んでいることで防犯対策にもなります。このようにリロケーションを利用すると留守宅の管理費を節約でき、それだけではなく家賃収入もえることができます。